施設写真医療設備
じんのクリニック
〒476-0003
愛知県東海市
荒尾町寿鎌98番地
電話:052-603-3550
FAX :052-603-3551

休診日
水曜日午後・土曜日午後
日曜日・祝日

受付時間
AM 8:45〜11:30
PM 15:45〜18:30

医療設備

電子内視鏡

胃カメラ(経鼻・経口)・大腸カメラ

胃カメラ検査画像
(胃角部)

大腸カメラ検査画像
(S状結腸のポリープ)

マルチスライスCT(16列)

・任意断面での詳細な画像診断が可能です。

・従来のX線透視による注腸検査より、楽に大腸検査を行うことが可能です。

・造影剤を使用することで、より正確な画像情報を得ることができます。また血管情報も低侵襲、かつ高精度に取得することが可能です。

レントゲン

各種一般撮影・骨塩定量検査

腰椎正面X-P

腰椎側面X-P

超音波診断装置

腹部・乳房・頚部

胆のう検査画像

肝臓検査画像

頚動脈専用超音波診断装置

心疾患リスク判定の重要な因子である頚動脈内中膜厚(IMT:Intima Media Thickness)測定を短時間で測定し、動脈硬化の総合リスク判定も可能。

装置画像

検査画像

レポート

睡眠評価装置 パルスリープLS-100 ←さらに詳しく

日常生活における睡眠中の鼻呼吸、気道音の呼吸情報、及びSpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)を内蔵のメモリに24時間記録する、携帯用睡眠時無呼吸検査装置です。

<<特徴>>
簡単に操作できるようにスタート/ストップをスイッチ1つで操作することができます。

★歯の噛み合せなどに起因する睡眠時無呼吸症候群に関しては、歯科(渡辺歯科医院 愛知県東海市中央町6-47 Tel:052-601-2251) と協力して治療させていただきます。

血圧脈波検査装置 VaSera VS-1000  ←さらに詳しく

右腕、右足の容積脈波及び、心電図、心音図、頚動脈脈波図、股動脈脈波図を測定し、動脈硬化性疾患の早期診断のための指標であるCAVI(Cardio Ankle Vascular Index)値を測定します。

<<特徴>>
脱衣せずに、一般的な血圧測定と同じ様な要領で簡単(5分ほど)に精度よく測定できます。

体成分分析装置 InBody720 ←さらに詳しく

人体は水分、たんぱく質、脂肪、ミネラルから構成されております。これら4つの要素は体を構成する基本的な成分で、そのバランスは健康にとって非常に重要となります。
体成分分析装置はこれらの重要な各要素を測定し量を定めます。

<< 特徴>>
体重計と同じような要領で、簡単(3分ほど)に精度よく各要素のバランスを測定できます。

ホルタ心電計

安静、負荷、ホルター24時間心電図計

<<特徴>>
日常生活の心電図波形を24時間にわたり連続で記録できます。
IPX8等級の防水機能を有するため、測定したままでの入浴が可能です。

ホルタ自動連続血圧計

<<特徴>>
最大48時間の日常生活における血圧の変化を測定して、測定結果を解析します。

血液検査器械

自動血球計数装置、生化学自動分析装置、HbA1c濃度測定装置

肺機能検査装置

 

<<理学療法機器>>←さらに詳しく

自動間欠牽引装置

・特徴
頚椎、腰椎、それぞれに専用の装具を着用し、間欠的に牽引して治療を行います。また、頚椎には保温パック、腰椎にはベッド内に内蔵されたヒーター板を使用し、温めながら牽引を行います。

・適応
頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、ムチウチ症、肩こり、坐骨神経痛など

干渉電流型低周波治療器

・特徴
皮膚抵抗の少ない4,000Hzの高い周波数を使用しており、身体に不快感なく、多量の電気エネルギーを患部に与えることができ、従来の低周波治療器と比べて深部の治療ができます。

・適応
腰椎椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎、坐骨神経痛、肩こり、捻挫、骨折など

低周波治療器

低周波治療器・特徴
連続・間隔・スイープ・ミックス・リズム・オート などバリエーション豊かな治療プログラムがあり、患者さまの電気慣れを防止し、治療効果を高めます。
ツボを刺激するハリ治療をイメージさせる器械です。

・適応
慢性腰痛症、変形性関節症、慢性リウマチ、肩こりなど

aaaa

半導体レーザー治療器

半導体レーザー治療器・特徴
パルス照射のレーザー光で筋肉、関節の炎症による痛みを和らげる。

・適応
肩こり、腰痛、帯状疱疹後神経痛など

aaaa

超音波治療器

・温熱効果半導体レーザー治療器
超音波治療器を連続出力(100%)で使用すると、生体内での機械的振動が熱エネルギーに変換されます。特に、関節での温度上昇は超短波やマイクロ波よりも大きいとされています。この温熱効果で以下のような治療効果が期待できます。
(1) 血流の改善・増大
(2) 疼痛の緩和
(3) 組織の伸展性の向上

・非温熱効果
超音波治療器をパルス出力(50〜5%)で使用すると、生体内の機械的振動によって以下のような効果が期待できます。パルス出力では熱の発生が抑えられるため、連続出力よりも高い強度で治療できます。半導体レーザー治療器
(1) マイクロマッサージ効果
(2) 細胞膜の透過性や活性度の改善

aaaa

マイクロ波治療器(マイクロタイザー)

マイクロ波治療器・特徴
マイクロ波(身体に影響のない電磁波)により身体の中の水分子を振動させ、広い範囲にわたり深部まで温めることが可能です。

・適応
神経痛、坐骨神経痛、筋肉痛、腰痛、肩関節周囲炎、関節炎など

aaaa

超音波骨折治療器(オステオトロンIV)←さらに詳しく

超音波骨折治療器

・特徴
低出力パルスの超音波で骨に機械的な刺激を与え骨折の治癒を促進。

・適応
骨折、難治性骨折など

高電位治療器

・特徴
腰とふくらはぎに心地よい振動と温熱、椅子にはリクライニング機能があり、リラックスして治療が受けられます。

・適応
頭痛、肩こり、慢性的便秘、不眠症など

ウォーターベッド

・特徴
ベッド内部の水をポンプで上方へ吹き付け、その力でマッサージをします。

ブーツ式エアマッサージ器

・特徴
ブーツ内部の片側5つの気室を加圧・減圧することで脚部をマッサージします。

その他:赤外線、ホットパック、パラフィン浴、渦流浴など

<<運動療法器具>>

各種全身、上肢、下肢筋力訓練器

 

                                        下肢訓練器

振動トレーニング機器 ←さらに詳しく

左右に揺れる板の上に乗るだけで全身の運動が可能です。
また体に負荷をかけることなく気軽に筋力の維持、強化をすることが出来ます。


パーフェクトボディ